健康美・ダイエット・運動・バランス・疲労回復
健康づくりのためのダイエット・運動情報(健康的に美しくダイエット!)

健康・美肌づくりのための☆ボディケア☆
  (美肌・ダイエットのポイントとは)

【脳神経系の疲労には】

脳神経系の疲労の原因もいくつかありますが、激しい運動を行うとたんぱく質の分解等により、
体内に溜まったアンモニアが脳の中枢神経を刺激して起こる場合もあります。睡眠は脳自体
を休めることができますが、軽い運動を行うことで、アンモニアをスムーズに体の外に排出し、
疲労を回復することができます。

【乳酸が溜まる疲労には】

その人にとって、きつい運動を続けると酸素の供給が間に合わず無酸素運動となり、その副産物
として疲労物質(乳酸)ができます。筋肉に乳酸が溜まると筋肉がこわばり動かしにくくなります。
このような疲労には、まず酸素を十分に運べるよう軽い有酸素運動を行い、溜まった乳酸を他
の筋肉で再度エネルギーとして使用したり肝臓に送り、糖に変換させます。(積極的休養)。
栄養としてはクエン酸などの酸の摂取が効果的で、柑橘系の果物や梅干等のすっぱい
ものを食べるとエネルギーを作るための回路(クエン酸回路)がよく回るようになり
乳酸が除去されやすくなります。

北の大地の天然オリゴ糖

【疲労の種類】

一口に疲労といっても、いくつかの種類があります。
代表的なものとして、 @脳神経系の疲労
              A筋線維が壊れる筋疲労
              B乳酸が溜まる筋疲労
              Cエネルギー源がなくなる疲労の4種類があげられます。
いずれにしても、体からの大事なシグナルです。疲労を感じたらトレーニング中にインターバル
(休憩)をおいて体を休めるとか、トレーニングを切り上げしっかり休養することが大切です。
無理してトレーニングを続けても、トレーニング効果は期待出来ません。適度なトレーニングに
十分な休養をとることによって良いコンディションで次のトレーニングを行う
ことが出来るのです。この繰り返しがトレーニング効果を上げる基本です。

ネ・ムーン

CoQ10、クエン酸、亜鉛、BCAA、
L-カルニチンを配合した食品です

有酸素運動を長時間行うとエネルギー源の糖質がなくなって疲労が生じます(ガス欠状態)。
筋肉を動かすエネルギー源は糖質(グリコーゲン)と脂肪ですが、蓄えられたグリコーゲンは
脂肪に比べて量が少ないのでグリコーゲンを使い切ると筋肉が急に動かなくなり、疲労を感じ
ます。これを回復させるには糖質を摂取するのが効果的なので、糖質を多く含む消化の良い
ものを食べましょう。また、運動量が多い場合は筋肉痛や腱の炎症や貧血を避けるためにも、
たんぱく質、コラーゲンや鉄分等の摂取も心掛けて下さい。

【疲労回復の基本】

トレーニング後はゆっくり時間をかけてストレッチを行いましょう。ストレッチは血行を良くして
疲労物質(乳酸)の運搬を促す効果があります。また、マッサージ入浴も同じような効果
があります。そして、バランスのとれた食事を摂り、ゆっくり休養することが大切です。

☆その他、最近話題になっているアミノ酸等も利用してみてもよいでしょう(運動の30分前に
摂ると疲れにくい。運動直後、就寝前に摂ると筋肉の補修に効果がある)。
いずれにしても、疲労が溜まっていくと慢性疲労に陥り、様々な障害を引き起こします。これを
防ぐためにも疲労はその都度上手に回復させ次のトレーニングが気持ちよく開始できるように
しましょう。


美肌づくりについて

―疲労回復―

健康づくりのためのダイエット・運動情報(健康的に美しくダイエット!)
体力について
血圧について
筋肉について
体脂肪について
基礎代謝と筋肉
筋肉の種類

有酸素運動について
ウォーキング
ランニング
目標心拍数水分補給
ダイエット
ポイント


筋力トレーニング
トレーニングの原則

頻度について

トレーニングと
   成長ホルモン

トレーニングとは

食事のバランス
 
  カロリーについて

女性に大切な栄養素
サプリメント
体脂肪と脂肪細胞
栄養素とエネルギー

骨について
腰痛について
肩こりについて
ストレスについて
生活習慣病と
 メタボリックシンドローム


休養について
疲労回復
アミノ酸
ストレッチング

ストレッチ体操

メガネ フレーム

疲労回復

ぐっすり眠って爽やかに
目覚めたい方におすすめです

疲労回復

【筋力トレーニング(筋トレ)の疲労には】

アミノ酸スコア100の
植物性蛋白質です

筋力トレーニング(筋トレ)は筋線維をいったん壊す刺激を与え、それを修復させ、もとより強く
太い筋肉にすることが目的です。トレーニング効果を上げるためにも休養をしっかりとり、質の
良い適切な栄養を摂ることが大切です。休養の目安としては、次のトレーニングを行う時に筋
肉痛が残っていないことです。栄養面では、トレーニング直後に糖質たんぱく質を補給し、
その後筋肉の材料であるたんぱく質を中心にバランスのとれた食事を摂りましょう。

【エネルギー源がなくなる疲労には】




 美肌づくりでアンチエイジング!   只今実践中!! シミ・シワ・ニキビを改善して 美白・美肌づくり

ネ・ムーン

疲れ目にぜひ違いを実感して下さい